FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生がいなくなった

 さいきん、ホンモノの『先生』がいなくなったように思います。ドクターやティ
ーチャー、政治家の先生、その他先生と呼ばれるエラいひと、いろんな先生。いな
かっぺ大将のニャンコ先生や、ひょっこりひょうたん島のサンデー先生。ああ、な
んて古いことかっ(笑)
 むかしは、ちゃんと〈徳〉が備わったひとがソレにふさわしい椅子に座っていた
ように思うのですが、そう思うのはわたしだけでしょうか?1958年生まれのわ
たしですから、戦争も経験しておりませんし、まだまだ恵まれた時代に育ったとい
えるかもしれません。いぜん、わたしの恩師が亡くなったとき、その奥様がこんな
ことを言いました。「うちのひとは教師でしたが、それは職業としてではなく、彼
の生き方なんです。」
 職業としての先生なら、ちゃんと勉強して試験を受け、パスしたらなれますよ。
人間性のテストはだれがするのでしょうか?「生き方なんですよ」と胸を張った恩
師の奥様、頼もしく、そして懐かしく、なにより誇らしく思います。

 たとえば、年末のレコード大賞の授賞式、歌手のレベルもそうですが、先生たち
が手塩にかけて育てた一曲がだいたい日の目をみたものです。古い話で申し訳あり
ませんが、70年中頃までの歌謡曲は素晴らしかった。まだ個性を重んじる時代で
したからね。いつのまにかシンガーソングライターと呼ばれる人たちがそこらじゅ
うに現れ、簡単に売れてしまう時代になりました。純粋な作詞家の先生や作曲家の
先生が少なくなりました。
 ピンクレディーの曲を最近、若い歌手がカヴァーし唄っているようです。いつの
時代も、素晴らしいものは素晴らしい。わたしはピンクレディーのファンでもなん
でもありませんがね、あんなパンチの効いたアイドルは見たことがありません。楽
曲がすべて良い。先生の情熱の成せる業だと思います。

 今わたしは、パソコンの画面のみを見ながら患者の顔や心の色をいっさい見ずに
問診するドクターのお世話になっております。そして今、TVでは、口の片方をひん
曲げながら答弁する政治家の先生の顔が映っています。

HOBOさん
スポンサーサイト

- 2 Comments

さすらいのベースマン  

人は偉くなるとだいたいそうだと思います。勉強ばかりして偉くなった人は俺のまわりにもいます嫌なやつ。

2018/06/11 (Mon) 16:28 | REPLY |   

HOBOさん  

さすらいのベースマンさんへ

まあ、すべてがそうだとは言いませんし、そんなことを言ったら大変なことに
なりますし、ジッサイそうなったこともありますし(笑)、ぼくはこのブログを
立ち上げるとき、批判的なコラムは書かないって決めたんですよ。でもね、
いろいろ、たとえば政治のことや、理不尽なことについてはあるんですよ
書きたいこと。

ベースマンさん、いつもありがとうございます。ぼくはまたバイクに乗りたく
なりました。

2018/06/11 (Mon) 21:41 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。