FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスト&ビーム工法の家



 いまボクはポスト&ビーム工法の家について勉強しています。もっとも古典的な
ベーシックな建築法はなんなのか?どうせならちゃんと梁と柱で作られた漆喰壁の
家に住みたい、そこで珈琲の焙煎ができたらどんなにステキなんだろう?などと、
考え始めたら、そりゃあもうドンドン妄想がふくらんで、本屋を巡り、ネットを巡
り、業者に電話をし、空を見上げて、まあ、いつもそうなんですねボクは、、ポケ
ットに180円しかないくせに。

 ある北欧の住宅の窓が大変気にいって、木製の三重ガラス構造の窓は温かさだけ
ではなく騒音の問題も楽勝、そしてグルんと180度回転する窓は家の中にいなが
らガラス磨きもできたりしますし、なによりとってもクールです。ドイツ製の木製
窓にも惹かれますが破産しそうですからね。
 さいわい札幌とちがい、このあたりは土地がまだけっこうあるんですよ。珈琲豆
の焙煎をしますので、いくらイイ匂いとはいえ、近所の声も気になります。どうし
ても少し離れた林の中や海の近くの土地になります。今朝も早起きして見てきまし
たよ、、ポケットに180円しかないくせに(笑)。

 加藤和彦さんが亡くなられ、坂崎幸之助さんと北山修さんが唄ったこの歌を聴い
てほしいと思います。家を建てるのではなく、家をつくるという表現はとても加藤
さんらしいと思います。建てるのは大工さん、創るのはそこの家族なんだと、ボク
には聴こえます。とても楽しい歌ですね。まだ加藤さんがそこにいるような、ん〜
、ちょっと切ない、でも温かい、そんな映像です。イントロのきっかけ、ベースの
リフがとてもカッケイ、シビレルのです。


HOBOさん
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。