FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜も寝ないで昼寝して

 じつはですね、本当はですね、もっと音楽のことや、そうですねえ、ジャズやブ
ルースの話、車やバイクのことや洋服のこと、そんな記事も書きたいんですが、い
まは母親のことがあるのでどうしても書く内容が固定されて申し訳ないと思ってい
ます。
 ぼくは、いや、本当に、老人は、たとえばですけど、75歳を過ぎたら医療費は
全部、国が負担するような、そんなふうになってもいいんじゃないかと思うんです
ね。切実な問題だと思いますよ。ぼくはあまりそのような知識がありませんし、喋
ると頭の悪さがバレてしまいますので多くを語るつもりはありません。ただ、食べ
るものも我慢して、灯油は高いのでストーブは弱火で、いつも布団にくるまってい
る老人はかわいそうです。ぼくのように夜も寝ないで昼寝して怠けている人間とは
ちがうのです。老人がいるから若者がいることを忘れずに、夜も寝ないで昼寝する
のはやめましょう、自分。


HOBOさん
スポンサーサイト

- 4 Comments

彼岸花さん  

HOBOさん。こんばんは。

なかなか好きなことなどの記事が書けなくなってしまったお気持ち。わかりますよ。
あたしもそうですもん。
つれあいなどは、まだ意識もしっかりしているし、どうにか伝い歩きしながらでも
トイレにも行けるし、『介護』などと言っても、まだまだ楽な方なんです。
それでもね。やはりなにかこう…以前とはまったく違う…。
自分の好きなことを書き連ねることの出来るような、『気楽』な気分になれないんですね。
この頃、自分の昔の記事(3.11前の)読み返す機会がありましたが、その頃のあたしは
なんて情緒も感性も艶めいていたんだろう!って、自分で思いましたよ。

自分の中でそういうものが消えてしまったとは思わない。あたしはあたし。変わらない
のだとは思っていますが、『文章を書く』という気持ちには、そういう態勢には、
なかなか気分的になれないんですね、なぜか。

介護の問題は、多くの人が今現実に抱えてる。><
ほんとにね。北欧諸国のように老人が安心して暮らせるような国にどうして日本は
なれなかったんですかね。単に人口の多寡の問題じゃない、やはり政治が悪いのだ
としか思えないです。一番大きな問題は、国民が政治を信じられないことじゃないでしょうか。
でも、その政治家を選んでいるのは私たち自身ですからね。
札幌の自立支援施設の火事の悲劇などは、切なくて絶句してしまいますよ…。

話を元に戻しますが、『書く』と言うことに関しては、ある程度、習慣、ということも
言えるかと思います。無理無理にでも持続的に書いていると書くリズムも生まれる。
ずっと書かないでいると、敷居が高くなっちゃってますます書けなくなると言うことが
言えるかもしれませんね。
そういう状態にどっぷり浸かっている彼岸花であります!!(苦笑)

HOBOさんも戻ってきてくださったことですし、あたしもちょこちょここまめに
書いて行きたいと思っています。
でも、6日に、自分の心臓の検査が澄むまでは、落ち着かないかなあ。

HOBOさん。お互いに気を張りつめ過ぎないようにしましょうね。^^





2018/02/03 (Sat) 23:40 | REPLY |   

hoboさん  

彼岸花へ

いやー、彼岸花さん!札幌に行ってきましたあっ!
コメントありがとうございますね、彼岸花さん!
3•11以前の彼岸花さん、、そうですねえ、ぼくはちゃんと知ってる。笑
艶めいていたことも、
ぼくは、なんていうかなあ、どんな文章を書く彼岸花さんも全部彼岸花さん
ですから好きなんですよ、その中でも思いだすのが、家族のことを書いている
彼岸花さん、また、自分の生について書いている彼岸花さん、がいいんですよ。一枚の絵をアップされたときに、その中に小さく人が描かれている。ぼくはその記事にコメントさせていただいたことを覚えていますもの。
たしか、彼岸花さんのご兄弟が描かれた絵だったと思います。
家の周りの風景で、家の前で誰かのら仕事ををしていて、、、

へんな話ですがね、昨日の出張ミーティングでも、なにかこう、みんな、
向いている方向がちがうんです、笑  自分を評価してくれる、いわゆる、
上ばかり気にし、発言する。おっしゃるように政治だってそうじゃありませんか?ちゃんと国民の、また、その下のほうを見ようとしない、いや、関心すら
ない。
おふくろなんか、すごく頑張ったんですよ。ちゃんと厚生年金あたりまえに払って、まあ、ここで攻撃的になってもしょうがないので、笑
頑張っているひとが報われる世の中になってほしい。
自分のことばか考えないでエラい人。とくに先生と呼ばれるひとたち。
本当のセンセイになってほしいということザス。

彼岸花さん、いつもありがとうございます。
介護、大変だとおもいます。記事をかく時間も心の保ちかたも、人生そのもの
ですものね。頑張って!頑張れ頑張れ彼岸花!
そう、あたしはあたし、なにもかわらない、変わりようがないわたしたち、
やはり、いまは、〈時間〉がいちばんほしいですね。もしも時間を売っている
ショップがあったら、ローンを組んででも買うと思います。
時間が欲しいーっ!


HOBOさん

2018/02/04 (Sun) 08:31 | REPLY |   

HOBOさん  

彼岸花さんへ

彼岸花さん、
ごめんなさい!
〈彼岸花へ〉になっちゃった!生意気に!
直しかたわかんないので、ここで謝罪を、、、てへっ!

HOBOさん

2018/02/04 (Sun) 08:37 | REPLY |   

彼岸花さん  

彼岸花と呼び捨て。えへへ。だいじょぶだいじょうぶ。^^
はい。コメント欄の訂正は、記事のように簡単にできないですね~。
あたしは、どうしても訂正したいときは、自分のブログの管理画面で、自分の書いたコメント一度コピーとっておいて、相手の方のコメントもう一度出して、そこにさっきとったコピーをペーストし直すようにしています。もちろん直したい箇所を訂正してからね。
そうして、最初のコメント(ミスのある方)は消します。
もう一つのやり方は、いつもコメントの返事を書く時に、自分の記事本体の方のコメント欄から書き込むという習慣にしておくというのもあります。ちょうど、他の方のコメント欄にコメント入れるような形で自分のコメント欄にコメ返も書くようにしておくのです。そうすると、間違ったときも簡単に訂正できる。それにはパスワードが必要ですが。
これは便利なんだけど、普通、記事本体のコメント書く欄って、スペースが狭いじゃないですか。
いつもコメントも長文になってしまうあたしは、狭い場所に書くのが苦手(爆)。
だから、面倒でも自分の管理画面のコメント欄で、コメント入れ直すという最初の方法をいつもとっています。

ああ。その記事ね。先日亡くなった長姉のことを書いた記事です。HOBOさんはよく覚えていてくださって。ありがとうございます。
あの農家の前庭の絵は、その亡くなった姉が描いて送ってきてくれた絵です。^^
『お前の生まれた家はこんな感じだったよ』ということで。
前庭の畑で働いている小さな人物は、私たちの母の姿です。^^

お優しい言葉と励まし。ありがとうございます。HOBOさんもがんばれ~♪ です。^^
みんなみんな、いい人生を全うして欲しいですね。

2018/02/04 (Sun) 11:42 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。