FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙はこころの洗濯をする

 いろんな涙がありますが、涙ほど、ん〜、なんていうのかなあ、物語っていうの
かなあ、人の流している涙を見ると、胸が痛くなりますねえ。熱くなったり。
 女子ジャンプの高梨選手が飛び終わったあと、伊藤選手がかけよってきて抱き合
うシーンが何度もテレビで流れましたが、結果を残せなかった選手が勝った選手を
讃える、これは美しい姿です。カタチだけの場合もあるでしょうが、ぼくはこのシ
ーンを見て伊藤選手が大好きになりました。長野のときもそうでした、そう、「船
木〜!!」のときです。同じチームで戦う同志でありライバルでもある、仲間を讃
えることは、じつはなかなかできないのです。自分のことばかり考えるのが人間で
すからね。
  
 自分の愛する人が流す涙をぼくは何度も見ました。嬉し涙も悔し涙も、涙という
ものは強烈なものです。涙というものはきっと、こころを洗うものなんでしょうね
。ぼくは泣き虫なので、これから先も何度も泣くんだと思います。でも、それは、
こころの洗濯だと思えば気持ちのいいものです。自分が失敗したことで、チームに
迷惑をかけてしまった原田選手、だから仲間の成功をこころから祈る。それが自分
の感情を通して祈る想いだとしても、感極まって流す涙はとても美しいものです。
高梨選手だってそう、前回、メダルを期待されながら結局4位に終わった悔しさを
胸に頑張ったはずです。責任感の強い真面目な彼女ですからね。今回また失敗した
らどうしよう!このプレッシャーは計りしれません。そして彼女は今回メダルをと
ったのです。感極まって流す涙は本当に美しい。こころの洗濯をしていただきまし
たよ。

 ありがとう!と言いたいですね。ほんとに


HOBOさん

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。