FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌行きは何番ホーム

 ひとは老いてくると縁側のある古い家に住みたくなるんですよ、と、誰かのエッ
セイかなにかで読んだことがあります。縁側の木の床の上に斜めに陽が当たり、そ
こでまったりと本でも読んでいたらウトウトしてしまいそうです。
 ぼくは今、北海道の最南の町に住んでいます。札幌を離れ3年になりますが、お
そらくもう札幌に帰ることはないだろうな。海の匂いのするゼロ番ホームから札幌
を眺めてみようとこのようなブログタイトルにしました。
 先日新聞のおくやみ欄に、知っているひとの名前をみつけました。同級生のお父
さんです。喪主は同級生の名前で、なにかこう、胸が痛くなりました。しかしなあ、
おくやみ欄の文章、、、きっとね、世の中で最も短い散文ではないか?生前、その
方がどんな生き方をしたのか、どんな苦労をして、どんなに頑張り屋さんだったと
か、少しぐらい触れてくれてもいいいのに、、、そんなふうに思いました。きっと
、このおくやみ欄に載っているひとは、昨日までちゃんと、陽の当たる縁側に座り、
ぼんやり外を眺めていたのかもしれないのです。

 母は86歳になりました。気丈なひとで、とても頑固です。とにかく、ひとの世
話になることを嫌い、なんでも自分でやろうとします。ぼくは母の半分も頑張らな
い人間です。これじゃあマズイと思っています。
 その母がオシッコをもらすようになりました。包括の方にお願いし、すこし前か
らオマルを母のベッドの横に置きました。母はオマルの始末をするぼくを見て、右
の眼から大きな涙を流すのです。「母さん、恥ずかしいことはないよ、歳をとった
らみんなそうだから、まかせておいて!」と言うと、なお、淋しそうな顔をするの
です。 ぼくは駄目な息子でした。母のことを理解しようとせず、怒鳴ってばかり。
自分さえよければそれでいいという極悪非道息子です。もっとちゃんと母の話をき
いてあげ、こころの深いところにやさしく話しかけ、自分のことは後回しにするべ
きだった。後悔しています。
 数日前に紙オムツを買ってきて母にわたすときも母が傷つかないよう注意しまし
た。すまなそうな顔をして下を向く母でした。決して「ありがとう」を言わない母
のことを、ぼくは尊敬しています。
 
 来週届くスーパーの宅配のカタログに、札幌の餃子が載っていました。縁側もな
い、庭もない、なにもない、あの古いマンションに帰りたいのかい?そう母にきく
と、「いや、札幌の餃子を注文するからいいよ、、、」という。
 母さん!長生きしてや!

 また再開することになりましたHOBOのブログ。札幌行きはゼロ番ホーム。ここ
から眺める大切なものにこだわっていこうと思います。


HOBOさん


スポンサーサイト

- 4 Comments

只野乙山  

お帰り!

HOBOさん、お久しぶりですね。
何があったかわかりませんが、
男は、多くのことを語らぬもの。
私だって、たぶんそうしただろうと思います。

とにかく、お帰り、って言いたいですね。
私、いま秋田に住んでますから、
北海道にわりと行けると思うんだ。

だからね、いつか会いたいですね。

2018/01/28 (Sun) 18:48 | REPLY |   

hoboさん  

乙さんへ

乙さん、コメントありがとう!
男は多くを語らぬもの。
そうですねえ、いろいろありすぎちゃって(笑)。
お帰り、かあ、ウレシイですねえ。
乙さんのトピックスはいつも楽しく拝見してます。
乙さんは秋田へ、ぼくは北斗市に。

そうですねえ、いつか会いたいなあ。
乙さん、頑張ってね。
盗難事件や失踪事件と、探偵乙山はコナンのように。
いつか行きますよ、まじめにね。
自家用ジェットで!がははは。
ラーメンセットで乾杯しましょうや!

HOBOさん

2018/01/28 (Sun) 19:31 | REPLY |   

彼岸花さん  

HOBOさん。お帰りなさいっ♪♪♪ ^^
ああ、また、HOBOさんと乙山さんと、こうしてコメント欄でお話しできるのって
嬉しいです。お二人は、あたしにとってブログの最も最初の頃からのおともだちなんですもん。

ひとが生きていると、ほんとにいろいろあるものですね。
あたしは、HOBOさんもご存じの、九州の姉…あたしの一番上の姉がこの22日に
91歳で亡くなりまして、でも私はつれあいの介護もあるのでお別れには行けなくて。ちょっと寂しくしているところでした。姉は、あたしには故郷そのものでしたから。

HOBOさんのブログへのお帰りはとっても嬉しいな!^^
また、詩人でいらっしゃるHOBOさんの、独特の語りが聞けると思うと、楽しみです。
『札幌行きはゼロ番ホーム』。いいタイトルですね。
縁側のあるおうちもいいなあ!あたしんちは庭が狭くて日当たりもそうよくないので、
縁側に憧れてたけど無理だったの。

おかあさま。お元気でいらっして何よりです。でも、気丈な方が例え息子といえどひとに頼らねばならなくなったとき…そのつらさもどかしさは、あたし自身もなかなかひとに頼れない性格なので、とてもよくわかる気がします。
それでもHOBOさんは、とても優しい。^^
たとえ互いに上手く優しい言葉は言えなくても、おかあさまはきっとわかっていらっしゃる。

ほのぼのとして居心地のいいブログのお部屋になりそうですね。^^
まずは、もう一度。おかえりなさ~い♪♪♪

あ、あと、HOBOさん乙山さん、近くっていいなぁ!あたしもラーメン仲間に加えていただきたい~!(笑)




2018/01/29 (Mon) 00:07 | EDIT | REPLY |   

hoboさん  

彼岸花さんへ

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
書きたいことがいろいろありましてね、前のブログもけっきょく中に入れない
まま新しいものに取り組むことにしました。
いつも彼岸花さんには声をかけていただき、心強いホーボーであります。

えっ!お姉さん、亡くなられたんですか?あーっ!
彼岸花さん、、つらかったでしょうね、、、んーー
故郷そのもの、、、わかるなあ、、
順番ですものね。これだけは

ぼくは、なんていうか、心を平坦に保つためにブログはなくてはならないもの
なんだと思います。しかし、今度は、腹をたてて誰かを攻撃するような内容
にならぬよう、このブログを温めていこうと思ってるんです。
そしてもっとも大切なのは、ぜったいやめないこと。お友達に失礼ですものね。
なんか、けっこうみんな、やめてて、、

いま、雪かきをしてました。
彼岸花さん、介護のほう大変でしょうが、みんな彼岸花さんの頑張りが好き
なんですよ。不思議ですねえ、ブログって。
乙さんや、彼岸花さんと会えることを楽しみにしています。
チャンスはけっこうあったのになあ。
よろしくデス、彼岸花さん。

HOBOさん

2018/01/29 (Mon) 07:39 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。