FC2ブログ

archive: 2018年06月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

スティングの歌が物語るもの

No image

この〈レオン〉という映画をどのように観るかはそれぞれかと思います。スティングの歌がかなりイイ効果を生んでいます。レオンとマチルダ。ただのアクション映画ではありません。素晴らしい純愛映画かもしれない。ぼくはこの物語をきっと忘れないでしょう。〈リーサル•ウエポン〉のときもそうでしたが、スティングってイイ。HOBOさん...

  •  2
  •  closed

備える

No image

 大坂の地震のニュースがずっと流れています。  ぼくはあの日(3•11)、仙台市内にいました。まえの日は宮城県の気仙沼市に、またそのまえの日は岩手県の田老町で仕事をしていました。じつはあの大地震が起きる5日ほどまえにも震度5くらいの地震があったのです。かなり揺れましたがね、まさかそれが予兆だったことに僕らは気づきませんでした。 けっきょく僕は仙台市内の避難所で1週間ほどお世話になり、やっとの思いで...

  •  0
  •  closed

今またSR気分

No image

 なんだ、けっきょくエンジンかかんないのかよ!笑ふつう、カッコ良くエンジンかけて単気筒のサウンドを聴きたいでしょ?なんなんでしょうね、この映像。 でも、このSR、けっこうカッコいい。前後ドラムの500でしょうから、タンクデザインから80年代半ばのモデルだと思います。ぼくがまだとても若いとき、これと同じ500に乗ってましたよ。 このヤマハのSRというバイクは、往年の英車というか、トライアンフやノートンの...

  •  2
  •  closed

先生がいなくなった

No image

 さいきん、ホンモノの『先生』がいなくなったように思います。ドクターやティーチャー、政治家の先生、その他先生と呼ばれるエラいひと、いろんな先生。いなかっぺ大将のニャンコ先生や、ひょっこりひょうたん島のサンデー先生。ああ、なんて古いことかっ(笑) むかしは、ちゃんと〈徳〉が備わったひとがソレにふさわしい椅子に座っていたように思うのですが、そう思うのはわたしだけでしょうか?1958年生まれのわたしです...

  •  2
  •  closed

わかってるやつら

No image

 この曲を聴いてボクはピーターソンが好きになりました。もう、ずいぶんまえのことです。こういう演奏のことをアーシーな演奏というのでしょうか?Ray-Brownのベース、Ed-thigpenのドラム、このような曲をプレイすると、ぺろんとした演奏になりがちですが、この方たちはやはり達人なんだと思います。とくにハイハットのキープが気持ちよく、歌い手のココロを揺さぶるのデス。 いつか店をやったら、毎日、この曲をラストの曲にし...

  •  4
  •  closed

ホンモノのイイ女はカネでは買えんとデス

No image

 まあ、それにしても、なんていうか、ひとは何のために働くのか、それぞれだと思いますが、だいたいが〈カネ〉のため、ふつうはそうなんだと思います。いつだったか、そう、だいぶまえの話ですがね、ピーターバラカンさんのDJを聴いていて、なるほど、と、感心したのを覚えています。ピーターバラカンさんのトークはボクにとって興味深いことばかりで、音楽の趣味が合うというか、とても知的で、それこそ、ブルース心があるのです...

  •  0
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。