FC2ブログ

archive: 2018年04月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

イクサガワに行ってきたさ

No image

 ぼくの住んでいるところから25キロぐらい離れたところに軍川という地域があります。さいしょ、ぼくはグンカワと読んでいたのですが、友人たちにきくとイクサガワと読むようで、またひとつ恥をかいたHOBOでございます。函館市から札幌方向というか、森町に行く途中、大沼国定公園、湖のほとりにあるちょっとした集落というか、町とよぶにはかなり無理があります。  その集落といえば失礼ですが、ちいさな町のようなところに1...

  •  0
  •  closed

B•Bの歌には軽バンが合う

No image

 スズキの商業用の軽バンを購入したことは以前書きましたが、もう800キロ乗りました。あくまでも仕事用とわりきってチョイスしたHOBO初めての国産車ですが実はかなり気にいっていますよ。燃費はよくありません。でも荷物がいっぱい詰め込むことができるしチープなオーディオもついているし、なにより新車のニオイがするところが素晴らしい。函館市はとくに、冬に融雪剤をまきますので、おそらく何年もしないうちに錆だらけにな...

  •  2
  •  closed

大好きなキャロル•この歌

No image

 キャロル•キングのこのアルバム。このアルバムジャケットは名作ですねえ、写真がいいですものね。顔のデカイ猫が写っていて、また、若き日のキャロルの顔がステキです。もっとたくさん、キャロルはいい曲を作り唄っているのですが、どうしてもこの曲に行きついてしまう。ジェイムス•テイラーのバージョンにしようか迷いましたが、このジャケットに軍配。歴史に残るジャケット。自分的にはですがね。ボブ•ディランの〈血の轍〉だ...

  •  0
  •  closed

ジャック•ダニエルとブルースと

No image

 ピアノを弾きながら唄おうと思ったのはこの人の影響です。スタインウエイだとかベーゼンドルフアーだとか、そんなんじゃない、そのへんのクラブに置いてある傷だらけのアップライト。でも、できればヤマハじゃなくて、そうだなあ、古いキンボールとかウィーリッツアーが似合う。 浜松市のあるピアノ工房に縦型のビヒシュタインがありましてね、100年も前の鍵盤の少ないやつ。いやー、手から喉が出るくらい欲しかったですよ。...

  •  0
  •  closed

我が家

No image

 我が家というものにあこがれます。そんなことを書くと自分には我が家がないようにきこえますがね、我が家って何なんでしょうねえ。 ぼくのいう我が家というのは、たとえば、そうですねえ、ちゃんとした間取りの立派な家だとか、丘の上に建っているとか、そんなのとは違うんデス。そりゃあ、理想的な家について、ずいぶん記事にしてきましたが、ぼくがいま思う我が家というものは、解りあえる人がいる家、いや、解りあおうと努力...

  •  0
  •  closed

クルマは動くシアター

No image

 先日、クルマは動く試聴室だと書きましたが、どうでしょうねえ、雨の日のドライブでは、クルマは動く劇場だ、と書くべきかもしれませんね。 定期的なリズムでワイパーの動く音がする車内、閉め切った窓の外から聴こえるサイレンやクラクションの音。テールランプが滲んで雨の音が遠くに聴こえます。雨の日のドライブ、キースジャレットのピアノは晴れた空に似合うと思っていましたが、透き通った音というのは、青い空にも冷たい...

  •  1
  •  closed

顔のデカイ猫

No image

 いぜん猫を飼っていました。トラ模様の猫、名はプースケとゴンタ、プースケが母親でゴンタが子、ようするに母ひとり子ひとりというやつですわ。ゴン太はオスでしたので顔がデカく手足も太い堂々とした猫でしたよ。母親のプースケが器量良しの美猫でしたから息子のゴン太も今でいうイケメンといいますか、そうとう近所のメス猫たちにモテモテでした。 家人が20年も動物看護士をしていたのでいろいろ動物の話はきかされます。と...

  •  0
  •  closed

強き者、優しき者

No image

 生きているといろんなことがありますよね、でも、いちばん避けたいのが〈争いごと〉。ケンカしているお互いの顔はとてもみにくいものです。そして悲しい。切ないです。いや、べつに、なにがあったということじゃないんですがね、相手の痛いところを攻撃したり、ののしったり、まあ、きれいごとを言うわけじゃないんですが、ホント。けっきょく、強い者、優しい者がおれてあげるべきだと思います。できたら、ぼくは、そんな強い者...

  •  0
  •  closed

クルマは動く試聴室だから

No image

 仕事で使っていたクルマを廃車にしました。去年の10月に仕事で使うためだけに買ったホンダの軽バンです。このクルマの納車の日にぼくはクルマにはねられました。焼き肉をめいっぱい食べて腹をだして道路を横断しているときに前方不注意の若者のクルマにはねられたのです。5メートルほど飛んだそうです。程度の良い中古車でしたがこのクルマを買ってからろくなことがありませんでした。駐車場に停めていたら除雪のブルトーザー...

  •  0
  •  closed

いまどきの若い者はなんて言わないでほしい

No image

 今月の26日で60歳になります。まあ、なんていうか、自分ではまだ若いんだ、なんて思ってるんです、じっさい、きのうも同僚に「HOBOさん、50ぐらいですか?」なんて言われましてね、いや、社交辞令ってヤツなのかも知れませんが、でも、そう言われると悪い気はしませんねえ。 カラダの疲れかたがちがうように感じます。わたしより先輩のひとに「なに言ってるのよ!」と叱られるかもしれません、しかし、やっぱり若い時と同...

  •  2
  •  closed

サムデイ•マイ•プリンス•ウィル•カム

No image

 マイルス•デイビスのサムデイ•マイ•プリンス•ウィル•カム。あまりにも有名なアルバム。ウィントン•ケリーがピアノを弾いているという理由だけでよく聴いています。あきらかにCDよりレコードのほうが音が良い、という、そんな見本のような、ぼくは、このアルバムがとても好きです。なんか、一枚の絵画のような、絵の具のザラつきが聴こえてきそうな、1961年の作品。フルバージョン。HOBOさん...

  •  0
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。